伝承

移動: 案内, 検索
本家PSU wikiの[Lore]をもとに、その翻訳を掲載します。長いので手抜き翻訳です。そして、未完成です。より良い翻訳や別ソースの情報をお待ちしています。
伝承に関することはぶるーきゃっつさんの情報ブログにもまとめられています。BCB - プラネットサイド2 バックストーリー 年表
このページはあくまで本家PSUの記事の翻訳です。
PlanetSide 2は厳密には続編ではなく、前作の物語の直接の続きではありません。
その代わりに、ゲームのクリエイティブ・ディレクターはPlanetSideの「リイメイジング(再想像)」としてPlanetSide 2を書くことを選びました。そして、最初にAuraxisへ到達した移民たちの詳細な歴史と、現在の惑星で戦争状態にある3つの帝国のバックストーリーを完備しています。
前作のPlanetsideはしばしばプレイヤーから批判されました。興味深い前提を持っていたが、実質的にロンチ後の構想の前進がなかったためです。ゲームプレイの要素を追加する様々な拡張やパッチが求められた開発の外に、ゲームの裏にある伝承全体はほとんど見落とされました。
ゲームへの期待を構築し、PlanetSide 2の作成投資に同じような欠落を防ぐための努力の中で、Sony Online Entertainmentは受賞歴のあるコミックブックライターのMary Wolfmanをゲームのバックストーリーの執筆に選びました。
彼は、ロンチ後に創作の継続開発の中で活躍するでしょう。
Planetsideの天地万物を詳述しているいくつかの短い物語は現在までにリリースされています。全て、ゲームの伝承の中の歴史上の物からの部分的見解として書かれました。これらのピースは厳密な日付を含むに至ります。これは、基本的な出来事のタイムラインをゲームが実際に起こる点に至るまで導き組み立てることをもたらします。

目次

[編集] あらすじ

PlanetSide 2の構想は惑星Auraxisを中心に回ります。その惑星は発見され、地球からの旅行者によって定住され、現在はその土地と資源の制圧について激しい戦争に巻き込まれています。
世界最初の移民たちはAuraxisに到達しました。地球の太陽系に現れた不思議なワームホールを通して宇宙探索の開始が試みられた後に。
ワームホールは、その向こうに何があるのか探索し、安全に帰還するための調査時間を与えるだけの数週の間、開いたままあると期待されたが、艦隊が通過し始めるとすぐに突然閉じてしまいました。集団の半分が壊滅し、他は未知の空間に立ち往生しました。
地球への方向も距離も知る方法はなく、わずかに残された彼らの蓄えと共に、艦隊は必死になってテラフォームと居住する新しい世界を探しました。彼らの状況が引き起こす内部の争いを処理している間にも。
やがて、艦隊は居住することのできる惑星を特定し、そこへの航路を計画しました。
Auraxisに到着した後の最初の世紀は平和で繁栄した年月でしたが、ずいぶん前から最初の移民たちの派閥が線引きされていました。
武力闘争はゆっくりと不可避になっていきました。イデオロギーの違いが形作られたために。
権威主義的なTerran Republicと利益精神のNew Conglomerateがついに全面戦争に突入したとき、境界線カルト的なVanu Sovereigntyは独立を宣言し、交戦に加わりました。
現在、Auraxisとその資源の制圧のために争っている3つの派閥とともに、全ての兵士はつく側を宣言し、表面上終わりのない敵の流れからAuraxisを守らなければならなくなりました。

[編集] 詳細な歴史

[編集] 共和国の起源

2426年、早急かつ同時の攻撃を提案する情報に従って行動したため、地球の6つの大国がお互いに宣戦布告をしました。
全ての権利によって、戦争の無意味な激化は止められなければなりませんでした。最初の10年の戦いの中で半減してしまう人間の人口に対するその影響、または、戦争の武器の製造によってほとんど完全に消えてしまう地球の限られた資源の理不尽な消費が理由で。
その代わりに、破壊のサイクルの終わりにはある違い(ある潜在的に人間自身よりも大きなもの)がありました。
2444年3月16日、宇宙空間の巨大な亀裂が太陽系のからある程度の距離に現れました。
それは数週間だけ開いたまま残っているだけでした。だが、探査装置はその場所にうまく送られました。そこで、彼らの探査はある予想外なものを発見しました。より調べられました。
科学者たちはワームホールから地球の正確な方位に多スペクトル波が発せられているのを発見して衝撃を受けました。まるで、その向こう側の何かが惑星を探査しているかのようでした。
これらの衝撃は数日後には恐怖に変わりました。その亀裂が不安定になり、閉じて、準惑星冥王星が即座に、かつ不可解に破壊されたからです。
科学者たちの調査結果がその年の12月に公表されたとき、地球の残りの主要国の間の平和会談は始まりました。1つの国の脅威ではなく全ての惑星と人類を脅かしたより強大な敵の脅威によって駆り立てられたためです。
6ヶ月以内の、2445年5月13日に、休戦は署名されました。20年に近い戦争を終わりに至らせました。
続く10年は他に類を見ないほどの平和と協力のものでした。ついには世界の異なる政府をたった一つの存在に統一しました。それは Terran Republic (地球の共和国)として知られています。the Declaration of Contancy(不変の宣言)の下の存在に調印されました。
地球の前の世界の指導者たち全員から成る上院と、4年の任期ごとに選ばれるプレジデントを軸に据えて、この新しい政府は10年ごとに解散するか、権力を持ち続けるか投票されることになっていました。
数世紀もの間、テラン共和国は権力を預かることが投票で決められました。世界中の平和と繁栄が科学と技術のそれぞれの分野に急速な進歩をもたらしたためです。
大規模で手ごろな宇宙旅行でさえ可能になりました。が、冥王星の破滅は人々に太陽系を探索する気持ちにほとんど残っていませんでした。そして、地球の新しい黄金時代がその表面に残る願望に少しでも地面から離れたいという願望さえよりわずかに残しました。

[編集] 探検家とプレジデント

多くの最悪の危機が現実になったのは2582年7月3日でした。
このとき、百年の恐怖と完全な惑星の破壊の原因となったワームホールが再び開きました。
しかし、亀裂の出現が地球に対して意味することが何かという疑問の中(集団的にテラン共和国全体が息を潜める中)その場所に送られた調査機は何も報告しませんでした。
少しの放射物も、侵入してくる向こう側の艦隊もありません。そして、数週が経過し、ついに亀裂が再び閉じたとき、それらは後に全世界に何の影響もないと報告しました。
ワームホールはまた100年間現れては消え、人間の外宇宙への恐怖をもたらしました。
本当に、その世紀の終わりまで、人類は太陽系の主要な星と月に都市と産業を確立しました。
2615年、宇宙探検家 Tomas Connery (トーマス・コネリー)と彼の仲間たちは"ムーンベルト"を発見しました。そして、破壊された月の数百もの破片で出来上がった"カイパーベルト"にいくつかに分かれてまばらに居住しました。冥王星の破片も残っています。ネプチューンの軌道からその向こうに伸びています。
彼らは、ある1マイル長の月の破片から奇妙な信号が発していることも発見しました。しかし、信号の場所を特定し、調査するための適切な設備がなしに、彼らが地球に帰還した代わりに、ムーンベルトと冥王星の残骸を発見した場所は、コネリーを有名な名前にしました。
3年後に、テラン共和国の副大統領は心臓発作にかかりました。そして、魅力的でカリスマ的なコネリーは大統領から彼女の任期の6ヶ月の残りにその役割を補填するよう頼まれました。
有名な探検家トム・コネリーがこれほど簡単に彼のマントを置いてしまうことは期待されていなかったので、彼が着任を承諾したときに多くの人々はショックを受けました。
彼が大統領に立候補したとき、もっと大勢の人がショックを受けました。
彼がその職に満場一致で選ばれたとき、誰もショックを受けませんでした。
共和国のもっとも愛された首長のひとりとして、2630年1月に引退し、彼の惑星間の探検家の情熱が戻る前、コネリーは3度の成功した任期に従事しました。
コネリーの大統領辞任の後、ビジネスフォワードとして知られるグループによってサミットが開催されました。
太陽系の最大手の会社のCEOたちの間の個人的な同盟である、ビジネスフォワードはテラン共和国の民営事業に対して制限されるますます険な海域を航行する目的を持って作られました。
決して全体主義からではないが、共和国は進歩的に民間部門へとますます多く変革していきました。基準を高め、商慣行に従い、全て人々のために"その国民を保証しました"。
このサミットで、ビジネスフォワードのメンバーはそれに賛同しました。前大統領コネリー探検からの利益のために、彼の活動を監視するために彼らの最高の関心を置くことに。
CEOのグループはコネリーの突然の政治的な野心はもう終わりだと思いました。終わりとは、コネリーは去ってしまい、ムーンベルトに問題なく隠居しました。そこは前国家元首だけが合理的に持っていると思われていた資源なしに彼でも誰であっても取り戻せません。
彼の任務のために彼らの助力を必要とするようにコネリーを仕向けるためだけでなく、テラン共和国の民間企業への高まる圧力に対抗することができる存在をつくるために、ビジネスフォワードは大手銀行や民間警備会社、太陽系に渡る労働組合と裏取引を協議ししました。
この多産業型の組合は彼らが期待する方法ではないけれども、彼らの狙いに非常に効果的であることがわかりました。組合は彼ら自身を New Conglomarate (新複合企業体)と呼びます。

[編集] 人工物

コネリーのムーンベルトへの帰還はひとりではありませんでした。
彼とともに、彼が体よく集めた技術専門家のチームを連れていました。技術者たちや科学者たちです。彼らのチーフは若かったが、立派な異物生物学者の Henry Briggs (ヘンリー・ブリッグス)でした。彼らは人類史の方向を左右する手腕を持つだろうと言われていました。
そして、コネリーは誇張しがちとはいえ、彼は嘘は言いません。
クルーが地球に帰還したとき、これまでに発見された中で最初の外宇宙の人工物と一緒でした。
この繊細に刻まれた外宇宙の小さな像の存在は、広範囲にわたる宇宙探検ブームの促進剤でした。しかし、ムーンベルトを探して、冥王星のあった軌道の最大2倍の距離を探索した後に、何の次なる人工物は見つかりませんでした。
いくつかが最初の人工物の確実性に質問する機会としてこれをしたけれども、決していかなる疑いもヘンリー・ブリッグスの心の中にありませんでした。
コネリーのそばに立ち、それが最初に発掘されたとき、彼はその人工物に最初に触れました。それがコネリーが15年以上早く隠居した1マイル長の月の破片にあったあとに。
その最初に、彼は彼らと彼に気をかけていた人たちへの共感の感覚を感じました。そして、彼はパッっと現実に戻ったとき、彼は一つの言葉だけ残しました。新しい発見の認識を説明するために彼の耳で鳴り響いている言葉です。それは "Vanu" (「ヴァヌー」)です。
ブリッジスの心の中で、それは彼にこの展望を示したVanuでした。彼の人生をより良い方に変えてしまう人です。そして、それはVanuでした。コネリーとの約束の通りに、人類史の行く末を変えてしまうというその人工物を発見したチームの人ではありません。

[編集] ワームホール探索

2636年、人工物が公になってから2年後に、トム・コネリーはテラン共和国上院に接近し、ワームホールを通過する探索作戦のための資金を請願しました。ワームホールは、おおよそ98.3年毎に2週間程度開くと予測され、2640年10月20日に再び開く予定でした。
彼らは、4年の間に準備し、亀裂に近づくための彼の能力や、そのような全ての探検の知恵でさえ疑ったけれども、上院議会は200の宇宙船を調整できる代金を払うことに同意しました。ただしコネリーが3週間で彼の作戦のための志願者を最低75,000人の署名を提示することができたならです。
予定の1週間以上早く、コネリーは300,000人以上の署名とともに、上院議会に入りました。
それらは、冒険を探しているテラン共和国の軍隊の志願兵たちの署名でした。富と名声を探す新複合企業体の幹部や執行官、労働者。外宇宙の生命について真実を探している技術専門家、技術者、科学者。コネリーの親密な友人のヘンリー・ブリッグスも含まれています。
2638年5月13日、テラン共和国をもたらした休戦の記念日に、トム・コネリー作戦司令官と地球を発つ75,000人が乗る彼の128隻の艦隊は、ワームホールの向こう側を目指して発ちました。
予測された通り、ワームホールは本当に10月20日に開きました。コネリーの探索艦隊はそれを待っていました。
彼らが予期していなかったことは、ワームホールの大規模な重力口です。それが井戸の形になっていたので、亀裂は艦隊の第一陣をその奥へ引き込みました。そして、それらの船がエンジンさえ機動する前に、その向こう側に移されました。
続く隊が追おうとしたために、しかしながら、亀裂が不安定になり始め、そして、重力口が完全に閉じて、付近のそれらの船を破壊する前に、いくらかだけが問題なく通り抜けることができました。
全て合わせて、最初の探索の乗員の40,000人だけがその試練を生き残りました。
それに気付いたことによってすぐに暗くなった存命への生存者の救援に長くはかかりませんでした。気付いたことというのは、彼らが最初の必需品のわずかな残りと共に宇宙の遠い果てで窮地に陥ったことです。
そしてワームホールが、艦隊によってそれに掛けられた負荷の後に、もし少しでも再び開かなければ、さらに98.3年の間、帰還をすることができそうではありませんでした。

[編集] 行き詰まる艦隊

コネリーと彼の艦隊はすぐに、彼らが避難する居住可能な惑星を探そうと試みました。しかし、数週が数ヶ月になりました。テラフォーミング(地球化)プロセスに相応しい惑星は現れなかった恒星系の近くまでの調査のために。
6ヶ月経たずして、ますます失望する人々は反乱運動を作り出していきました。最初に必需品と武器の行方が分からなくなり始めました。そして、実際に傭兵と新複合企業体の市民労働者たちの間で命に係わるような争いが始まりました。そして、テラン共和国の軍パトロール隊は艦隊の秩序と安全に仕事を課されました。
しかしながら、乗員の全てが暴力に共謀したわけではありませんでした。
ヘンリー・ブリッグスや彼の同僚のような、より知識的な乗員は普段通り自分たち自身のこと、科学の追及などに取り組みました。
ヘンリーは特にたくさんの時間をその人工物の研究に使いました。それは数年前に彼に語りかけたものです。彼は艦隊に乗っているだれもが直面していることについてめったに話しませんでした。そして、彼の熱心な仲間と議論しました。
一方で、トム・コネリーは全艦隊にある自由に対する安全の微妙なバランスを扱っていました。門限を強め、彼のより良い判断に対して軍パトロール隊を強力にしました。もう彼を取り巻く人々をきつく取り締まらないという彼のより良い判断と願望とは反対に。
艦隊のひどい政治情勢は2642年1月に頂点に達しました。50人以上の反乱者たちが軍艦 Explorer-5にある武器庫を襲撃したときです。そのとき、ブリッジを荒らし、占拠しました。
彼らと交渉することができなくて、コネリーは力ずくでブリッジを取り戻せという命令を出しました。
戦いは短かったが、激しいものでした。70人が命を落としました。数人の反乱者が軍艦内での自爆攻撃による殺傷をしたことによって。それ理由は正確には不明でした。なぜ反乱者が Explorer-5 のブリッジを占拠することを選んだかということです。
その武器庫から武器を盗むことで、彼らは艦隊のより小さな宇宙船を簡単に占拠することができたでしょう。しかし、彼らは代わりに艦隊の軍部平和維持部隊のための駐屯艦の1つを選びました。
彼らの考えたことがどうであれ、彼らの行動による効果は、戒厳令の宣言と保安対策に関する緊急投票でした。
コネリーの狼狽は、立ち往生した艦隊のおびえた住民たちが反乱に対しての彼らの安全のために残り少ない自由を投票により放棄したことを見ていたためです。
家族でないメンバーによる3人以上の会議は禁止されました。そして、軍部の存在は全ての宇宙船の上で再び増加されました。
無意味な暴力を終わらせると固く決心して、コネリーは密会を招集しました。 新複合企業体の代表とともに、Discovery-7 に乗って、平和への道筋を話し合うためにです。

[編集] ある"事故"

会議は行われました。しかし、正確に何を話し合ったのかは決して発見されませんでした。和解はおそらくなされました。
作戦司令官コネリーとほかの参加者が Discovery-7 に乗船する準備をしたとき、大きな爆発は船を引き裂き、乗員の全592人の命を奪いました。
大惨事に続いて、Brent Waterson (ブレント・ウォーターソン)少佐は艦隊の臨時の司令官と宣言されました。そして、再投票を人々にやってもらいました。
船ごとに被害を調査されます。軍部に題された広艦隊調査からです。軍部はそれらの責任があるまで艦隊の緊急制御を得て、審判を始めました。
投票は切迫しました。しかし、最後には、正義が欲しくてたまらない彼らが勝ちました。
艦隊は、それからブレント・ウォーターソンとテラン共和国軍の容赦のない当局の下にありました。
大部分の彼らの自由が奪われたけれども、軍部の支配によって提供される保安は多くの人々にとって有り難かったのです。
決して公式に反乱と関係がなかった新複合企業体は、しぶしぶ協力するか、そのメンバーを最も近いエアロックへ案内させることを強要されました。
艦隊にいる科学者たちは果てしなく軍部の恒常的な管理の中で働きました。その年が終わるまで。軍部は、その方法をするのは当然であると感じていました。
彼らは、艦隊のセンサーの範囲内でテラフォーミングに適したある惑星を発見してしまいました。
この"新しい地球"と彼らがとりあえず呼んだ世界への航路を計画したことで、艦隊は正常さと安定性の感覚に戻り始めました。
熟練した射撃手の注意深い目の下で平和が保たれたけれども、それでもなお平和でした。そして、行き詰ったワームホールの大惨事の生存者たちは、現在、60,000人程度になります。彼らは、ついに彼らの新しい故郷の地表に降り立ちます。

[編集] 新しい地球

艦隊の着陸から現在の対立までの期間についての詳細は、今は不足しています。
結局、惑星は Auraxis (オーラクシス)と改めて命名されました。そこは、ワームホール難民にとって住みやすい新しい故郷となることがわかました。地球とはあまり違わない様々な気候と生態系があります。
しかしながら、そこはその秘密無しではないことがわかりました。
異星人の遺跡がその惑星で発見されました。そして、2650年のあるとき、ヘンリー・ブリッジスはある人工物を発見しました。それは彼とトム・コネリーが16年前にムーンベルトで発掘したものと同一のものです。
彼が発見したとき、彼はもう一つの展望を受け取りました。このとき、彼に直接話しかける Vanu の声を聞いてます。
ブリックスが聞いたことは謎を残したままだけれども、それでもなお彼と彼の研究の後から全面的な運動を引き起こしました。
驚くべきテクノロジーは、彼の支持者の献辞から来ます。しかしながら、ブリッジス自身は、彼らの業績がわかるようにまわりにいません。
未知の理由で、ヘンリーブリッジスは2660年に彼は命を落としました。第2の人工物の発見の10周年記念においてです。
彼の死に引き続いて、Vanu運動は全盛になりました。 Vanu の贈り物を価値のないものと考える人の目からその発見を秘密にしておくのです。
それらの研究についてますます強迫観念的なので、その運動のメンバーは社会の多くから除け者にされました。
一方、独裁的なテラン共和国は、夜間外出禁止令を取り消すことができませんでした。それは彼らが艦隊の船内でだけ一時的に要求していたものです。共和国は今は名前だけは地球のわかりやすい民主主義に似ています。
強制されるけれども、共和国が提供した保安と安定は、平和と繁栄を未熟なオーララクシスの集団居住地にもたらすのを助けました。
しかしながら、新複合企業体の目には、これは十分ではありませんでした。
自由企業と公開市場の理想は地球の前経営陣に支持されました。彼らが雇った傭兵や労働者たちはテラン共和国の統治からの解放に対する一般的な欲求に世代を切り替えました。共和国は10年を経るたびにより強く、より独占するようになりました。
オーラクシスの人類史で2世紀の終わり頃に、新複合企業体の不安は共和国に対する世界的な講義の形を取りました。
ついに、講義として始まったことは、暴動、武力衝突、仕舞いには総力戦に発展しました。
2845年6月21日、テラン共和国と新複合企業体の間の和平会談は、オーラクシスの Kaorr 砂漠で攻撃の対立した報告の最中に決裂しました。そして、武装対立は始まりました。
ヴァヌーは、困惑して傍らから2つの派閥を長い間見ていました。突然、恐ろしい立場に自分たちがいることに気づきました。
2つの交戦中の帝国の間に挟まれ、そして、どちら側とも良くない関係にありました。
わずかな彼らの選択権とより少しの彼らの同士と共に、彼らは Vanu Sovereignty (ヴァヌー独立国)として彼らの独立を宣言しました。そして、彼らの長い間の迫害者に対して武器を取りました。
対立は今、オーラクシスの表面を使い尽くしました。その場所で、領地と資源の互いの派閥の制圧はその敵の破壊と同じです。
どの側にもはっきりした優位は訪れませんでした。オーラクシスの人類の未来は、その惑星のあまりの秘密めいた過去と同じように不明になりました。
※詳細な歴史はここで終わりです※
※ここまでで出てきた人名や固有名詞以外にもサーバー名や拠点名などには伝承に関係する思われる用語があります。Cyssorは伝承に登場する大陸だと言われています。ここでは出てきませんでしたが、もしかしたら米国内ではプラネットサイドの伝承をまとめた書籍か何かがリリースされているのかもしれません。そうであれば、勝手に翻訳するわけにもいきません。※

[編集] 出来事の時系列

日付 出来事
2345.11.28 「宇宙空間の割れ目」と形容される異常現象が発見されます。それは数週間後に消えます。探査機が調査するためにそこへ到着するまえに。
2426.1.18 早急かつ同時の攻撃を提案する情報に従って行動したため、地球の6つの大国が互いに宣戦布告をします。惑星の主要な資源は引き続いて起こる紛争によって使い果たされます。そして、戦いは、ほとんど残されないことについて激しくなります。
2444.3.16 宇宙空間の割れ目は再び現れます。その最初の目撃のほぼ100年後に。今度は、調査機はそこに辿りつき、地球に向けて割れ目から出ている多スペクトル波を特定できます。それらは、向こう側から出されている調査手段か何かと考えられます。そして、人類に気付いた知的異性人の明らかな兆候と思われます。割れ目が数週間後に閉じるとき、冥王星は不可解にも破壊されます。
※翻訳作業中です。こつこつやってるのでお待ちください。


[編集] その他の用語

ここからは、[Lore]以外のページのプラネットサイド固有の用語の翻訳を掲載します。機械翻訳して意味が通るようにしただけです。

[編集] ネナイト (Nanite)

Nanites (ネナイト)はナノ規模のロボットです。主に、全ての帝国の兵士が使う武器、車両、装甲、その他の設備の成形加工に使われます。
これらはこの設備の解体も担当しています。それが機能を停止する、または、許可された人員によってあまりに長く使用されないままにあるときに。
この戦場の廃棄物の効率のいい再生利用は、オーラクシスの戦争を人類史上の最も効率のよい戦争の1つへと変えました。素朴なオーラクシスの生態系に対してほとんど影響は伴いません。戦場の廃棄物というのは車両の残骸や倒れた兵士の装備と死体の両方を含みます。
どのようにネナイトが設備を製造するために使われる資源を分配し、解体から回収する資源を蓄えるのかははっきりとしていません。しかし、彼らの効果この事について明白です。
ネナイトにも医学と工学の分野で具体的な応用があります。人間の肉体や損傷した車両の装甲を修繕することを可能にします。コンバットメディックやエンジニアによって使用させるときに。
これら治療や修理の分野は Medical Applicators や Advanced Construction Engines にそれぞれ使用されなければなりません。
より大きいスケールで、"Reirthing" (「生れ変り」)としてしられるプロセスに保存されたDNAベースの青写真から倒れた兵士の体を再構築するために、メディカルネナイトがリスポーンチューブで使われます。
現在の形のネナイト技術は Nanite Systems によって開発されて、戦争の中立普遍の実態のままの会社の方針に従って全3つの帝国に許可されていると考えられています。

[編集] ネナイトシステム (Nanite Systems)

ネナイトシステム (NS) は、全ての帝国が利用するあらゆる "common pool" (「共通グループ」)武器と車両の製造業者です。
NSの設備は中立の色調を持ち、デザインは3つ全ての帝国の個性を組み合わせたものです。
NSの設備は、視覚の訴えのためにでなく、続くために作られます。
ネナイトシステムはかつてナノテクノロジーに対する他に類のない関心を持つ小規模の会社でした。
彼らのネナイトが採掘から製造まですべてをすることをもたらす技術の進歩によって、ネナイトシステムはオーラクシスの民間企業で最も大きなそれになりました。
惑星の制圧のために戦っている3つの帝国のどの1つにも味方するよりはむしろ、ネナイトシステムは各々に等しくサービス、武器、車両を提供します。
頑丈で実用的で、ネナイトシステムの共通グループの車両はさまざまな戦場の状況で利用されます。
サンダラーとギャラクシーは各々の帝国により用いられる主要な補給と輸送車両です。ライトニングやリベレーターのような戦闘に特化された車両は帝国の軍事力を援助します。フラッシュは高速な移動と攻撃を提供します。
トリビア = 金色の背景の上にあるネナイトシステムのロゴは空き場所の旗の上(中立状態の拠点)ならびに、派閥に所有されていない端末で、代替物として使用されている。
PlanetSide Universe
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス